パッシベイション

不動態化処理(不働態とも記す)とは、ステンレス製品を酸溶液中に浸漬して、表面に強固な酸化皮膜を形成する処理です。防錆力の向上、腐食、酸化の防止、外観、寸法、硬度の維持等の品質向上が図れます。
SUS4〇〇(マルテンサイト系)は難しいですが、当社では特殊な溶剤により、処理可能です。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

営業カレンダー

お問合せフォーム